英語レベルチェックができる無料サイト&有料テストおすすめ7選

現在の自分の能力には何が足りないのかわからない
どう言った勉強をしていけばいいの?

英語を学習する上で、1番重要なのが、

現在の自分の能力や技術を知ること

です。

これらを把握するためには、試験を受けたり、診断を受けてみる必要があります。

そうすることで、今自分にどの能力が足りないのか、そして目標とするまでにどのくらいの時間が必要なのかがわかります。

 
Saya
まずは、自分の現在位置を確認するところからはじめましょう!

今回は、無料で診断できるものと、有料で受けられるものをお伝えいたします。

語学能力の国際指標

語学能力は、多くのテストでは「CEFR(セファール)」という指標で表現されています。

CEFRとは、「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment)」という、外国語の運用能力を評価する国際基準のことです。

欧州評議会により、20年以上にわたる研究と実証実験の末に開発され、2001年に公開されました。

CEFRにはA1〜C2の6段階があり、「言語を使って何ができるのか」を具体的に示した評価をすることができます。

それぞれの段階は下図のとおり。

引用:文部科学省WEBサイト

ご自身が目指すレベルと、現在地の確認がこれで簡単に比較できるようになりますね。

英語レベルをチェックできる無料サイト

英語レベルチェックができるサイトはたくさんありますが、CEFRで結果が出ており、かつ10〜20分ほどの短時間でチェックできるサイトを紹介します。

Cambridge Assessment English

所要時間10分〜20分 ※制限時間なし
テスト内容文法・語彙・会話の応答選択等25問の選択問題
判定結果受講後すぐ
テスト解答あり
登録不要
サイトURLhttps://www.cambridgeenglish.org/test-your-english/

Cambridgeは世界で英語検定を運用していたり、語学学校を運営をしていたりする団体です。

サイトで無料でテストを受けることができます。

受けることができるテストは下記4種類。

  • General English
  • For Schools
  • Business English
  • Young learners

TOEICのパート5のような文章の空欄を選択する文法問題と、TOEICのパート7のような文章を読んで解答する形式です。

ちなみに、テストの解答はReview your answersで確認することができます。

EF SET Englishテスト

所要時間クイックテスト:15分、フルテスト:50分
テスト内容文法問題、リスニングの選択問題
判定結果受講後すぐ
テスト解答なし
登録クイックテスト:登録はしないが、テスト結果を得るために名前、
メールアドレス、所在地、性別、誕生年を入力する必要がある。
フルテスト:名前・メールアドレスの登録が必要
サイトURLhttps://www.efset.org/ja/

こちらも大手の語学学校を運営している組織のテストです。

こちらはTOEICのパート5のような文章の空欄を選択する文法問題と、TOEICのパート2のような問題を読み上げ、その解答を選ぶ方式です(とはいえ読み上げた文章は記載されている)。

別途スピーキングのテストもあり、こちらは読み上げられた文章をリピートする問題と、読み上げられた文章に対する自分の意見を述べる問題で構成されています。

ただ、リーディングのテストとスピーキングのテストは結果が別々なので、基礎力を把握したい場合は、リーディングのテストだけでいいでしょう。

 
Saya
現在の基礎力さえわかれば学習の方針を立てることができます!

フルテストは50分と長時間ですが、カテゴリごとの正答率を確認ができます。

さらに詳細の基礎力をチェックしたい方はフルテストを行いましょう。

英語レベルをチェックできる有料のテスト

実用英語技能検定

所要時間筆記試験:リーディング・リスニング
(級によって異なる。2時間〜3時間30分程度)
実技試験:スピーキング6分程度の2日間開催
基準5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の順番で難易度がアップ
受験料級ごとに異なる。2,500円(5級)〜11,800円(1級)
試験回数年3回
試験結果おおよそ1ヶ月程度で合否が郵送・WEB上で確認可能
サイトURLhttps://www.eiken.or.jp/eiken/

日本における英語の語学検定といえば、これ。

英検の名前で、英語を学習されている方の中では有名な試験ではないでしょうか。

 
Saya
中学校で英検の集団受験などもあった学校もあるのでは?

英語入門レベルの5級、4級から、国家資格を除く民間資格の中では最難関に分類される1級まで多様なレベルが用意されています。

CEFRでは、級ごとの点数で分類されています。

TOEIC L&Rテスト

所要時間リスニング45分、リーディング75分
計2時間
基準5点刻みのスコア表示、990点満点
受験料7,810円(税込)
試験回数年10回
試験結果WEB上での確認:試験後17日を目処
結果通知の郵送:試験後1ヶ月を目処
サイトURLhttps://www.iibc-global.org/toeic.html

日本で英語能力の基準として使われているTOEIC。

入社条件や大学の単位としても設定されている場合が多いため、1度は受けてみることをおすすめします。

文部科学省が作成したCEFRの表では、L&R(リスニング&リーディング)とW&S(ライティング&スピーキング)の合算の点数が記載されています。

レベル的には、990満点のうち、日本人の平均は531点、海外とのビジネスは700点、高得点は800点以上を基準にしてください。

スピーキングレベルのみチェックできる試験

NativeCamp(ネイティブキャンプ)

所要時間5分程度
基準10段階(日常会話/ビジネスともに)
受験料ネイティブキャンプ月額会員料金のみ
試験回数月1回
サイトURLhttps://nativecamp.net/speaking_test

CEFRの基準ではないものの、非常に近い結果を得ることができます。

こちらの基準を元にテキストを選定することができるのもいいですね。

レアジョブ英会話

所要時間20分
基準10段階
受験料レアジョブ月額会員料金のみ
試験回数月1回無料
ビジネスコースと中学・高校生コース会員は月2回無料
サイトURLhttps://www.rarejob.com/experiences/speakingtest_progos/

CEFRでのレベル判定ができ、かつ各カテゴリごとの詳細なフィードバックを得ることができます。

フィードバックには、具体的な学習アドバイスのほか、おすすめのレッスン教材まで記載されているので、英語学習に非常に役立ちます。

Versant

所要時間20分※ライティングテストも35分で準備されている。
基準20〜80の1点刻みのスコア80点満点
受験料5,500円(税込)
試験回数24時間いつでも何回でも受験料を支払えば可能
サイトURLhttps://www.versant.jp/index.html

英語コーチングスクールなどで活用されているスピーキングの能力基準です。

英語をリアルタイムで理解し、的確に処理する能力を測る試験で、流れる音声もネイティブっぽいゴニョゴニョした電話の音声のような質のものが流れ、初めて受講した時は戸惑いました。

AIによる音声認識技術が使われており、自動採点で5分くらいで結果がわかります。

ただ、何かしら音声を発するとちょっと点数がよくなったりするので(コーチングでもそのような指導があります)、正確さ、というと微妙かもしれません。

 
Saya
私もコーチングを受けた際に受験。最初は36点だったのですが、2ヶ月後には43点という伸びで、「かつてないほどの伸び」と言われました。実際は1点伸ばすのに1ヶ月かかるそうです。
 

ちなみにCEFR対応表は下記のとおり。日本人平均は36点とのことでした。

CEFRの対照表

引用:VERSANT

まとめ

効率よく学習をするためには、まずは自身の今のレベルを知る必要があります。

今回はそのために活用できるサイトや資格をお伝えいたしました。

得意不得意を知り、その不得意の部分を潰すことが英語学習には必要です。

また、これらの試験は年に何度かおこなわれているので、自身の成長の確認や、モチベーションの維持に活用することもできます。

積極的に英語能力をはかる試験やテストを受けていきましょう。