英会話での挨拶の仕方をマスターしよう

  • 外国人と話す機会があるけれども、どうやってあいさつすれば良いかわからない
  • オンライン英会話でよく挨拶されているけれども、どう返せばいいの?

海外の方と接する場面で、どう反応していいかわからない。そんな方も多いのではないでしょうか。

今回は英語であいさつのしかたをお伝えしたいと思います。

英語の挨拶の方法は、

  • 呼びかけと挨拶
  • 名前とその呼び方を伝える
  • 感謝や意気込みを伝えたり気分を伝える
  • 会話を広げる言葉を投げかける

となります。

最後には、これらを覚えるためのテキストを紹介します。

呼びかけと挨拶

外国人とはじめて話す時になんと言ったらいいかわからないですよね。

初対面のあいさつのコツは

こちらから先に話しかけること。

まずは一言明るく声を掛けて見ることが大切です。

・Hello/Hi

Hello/Hiについては、時間を問わず使える「呼びかけ(ニュアンスとしては「やあ!」)の言葉です。

そのあとに、時間によって挨拶を使い分けます。

・Good morning(おはようございます)
・Good afternoon(こんにちは)
・Good evening(こんばんは)

ただ、初対面でない場合、この挨拶は省略されがちで、「Hi,How are you?」のようなやりとりになります。

名前と呼び方を伝える

ご自身の名前を伝えましょう。ビジネスの場面であれば、会社名を伝えます。

社内の人であれば、会社名ではなく部署名でもいいですね。

 
Saya
カジュアル度はMy name is< I am<I’mの順に上がっていきます。

省略は基本的にはカジュアルだと覚えておくといいでしょう。

また、呼んで欲しい名前がある場合や、英語圏の人が発音しにくい名前である場合は呼び方も伝えます。

・My name is Satoshi Tanake from ABC corparation. Please call me Tanaka.
・I’m Saya Kimura from Sales department.

アジア圏では苗字→名前が一般的で、日本も近年はそのように名乗っている方もいます。

そのため、補足説明として、

・First name(Given name/ Christian name)  is Satoshi.
・Last name(Family name) is Tanaka.

と付け加えると丁寧かもしれません。

また、日本の場合は、苗字+さんで呼ぶことが多いですが、外国ではファーストネームの呼び捨てで呼ぶことが多いです。

ですが、近年は日本の「〜さん」という表現も認知されてきており、「ファーストネーム+さん」という呼び方が広まってきています。

 
Saya
私の職場ではお客様に対して、メールでも対面でも「ファーストネーム+さん」です。

感謝や意気込みを伝えたり、気分を伝える

次に、会えたことの感謝や意気込みを伝えます。

すでにあったことがあったり、カジュアルな場面だとその日の気分を聞いたりします。

Nice to meet you.(あえて嬉しいです)が一般的ですが、It’sがつくことで、よりフォーマルなニュアンスになります。

It’s a pleasure to meet(see) you/It’s nice to meet(see) you.
I am glad to meet(see) you.
Nice to meet you.

 
Saya
Nice to meet youが使えるのは初対面の人だけ。それ以降の人にはNice to see you.を使いましょう。(初対面のニュアンスになるので!) 
 

相手から先に言われた時は、意識的に相手の言っていることとは違う返しをして、最後に「too」をつけるといいでしょう。

気分を聞く場合

初対面の人だったり、大人数で会う時は省略されがちですが、オンライン英会話や親しい仲の人にはよく挨拶の後に言われますね。

・How are you?
・How are you doing?
・How do you do?

気分を聞かれた時の返し方は、「Thank you for asking.(聞いてくれてありがとう)」くらいでOKですが、もし返事をしたい場合は以下が答え方になります。

・I am pretty good. Thank you for asking.
・I’m fine.
・Great
・Not bad(悪くないよ)

自分の答えのあとは、下記の表現で相手にも聞き返してあげましょう。

・How about you ?
・And you?

会話を広げる言葉を投げかける/応える

挨拶がすんだ後は、お互いに話を広げるお話しをします。

カジュアルな場の場合は、出身地、どこから来たのか、天気の話などのお互いの事実を話す言葉が続きます。

また、ビジネスの場合は、担当や役割についてお話しするといいでしょう。

【カジュアル】

・I am from Japan.How about you?(私は日本から来ました。あなたは?)
・Which part of Japan are you from?(日本のどこから来たの?)
・It is sunny / fine today.(今日はいい天気ですね)
・It is very hot today, isn’t it?(今日は暑くない?)

【ビジネス】

・I am in charge of the sales department.
・I am in charge of the sales for a new product.
・I am responsible for promoting a new product.

以上の点を話しておけば、あとから相手も色々と質問がしやすくなるでしょう。

挨拶のフレーズ暗記や話を広げるために役に立つ本

最初は色々口に出して、フレーズの暗記から始めてしまいましょう。

挨拶だけでなく、話題も広げられるフレーズ暗記のテキストをご紹介します。

オンライン英会話だけにとどまらず、オンライン会議でも使うことができる表現が満載!

オンライン英会話すぐに使えるフレーズ800

オンライン英会話大手のレアジョブが監修した、レアジョブ英会話ユーザー2,500人へのアンケート結果を元にした英会話フレーズ集。

なにかトラブルがあった時は、ただでさえ頭が真っ白になることが多いですが、さらにそれを英語で伝えなければ行けないとなると、かなり難易度が高いですよね。

この本は、そう言ったトラブルの際のとっさの一言が満載です。

「この単語は〜という意味ですか?」

「の場合は~と言っても同じ意味になりますか」

という、オンライン英会話で英語を勉強していて、「こう聞いてみたい」フレーズのほか、

「音が途切れています」

「もう一度最初から言い直してもいいですか」

などの、ビジネスシーンでも使える表現がたくさん掲載されています。

オンライン英会話ですぐに使えるフレーズのほか話題を提供するトピックを掲載

オンライン英会話でどんどん話せるトレーニングBOOK

自己紹介から始まり、そこからさらに話を広げるための一言や、日本の行事、自分の日常の話題、社会情勢についての話題提供が掲載されています。

この本の良いところは、オンライン英会話で英会話を上達するヒントや会話のパターン化についても書かれているため、1冊手元に置いておくと勉強の指針になるかもしれません。

ビジネスにも初対面の人のためにも!実践的な瞬間英作文

英会話フレーズ大特訓 ビジネス編

ビジネス編とは書かれていますが、初対面などの丁寧ないい回しが必要な時にも使えるフレーズ集です。

瞬間英作文の本の「この表現はいつ使うんだ」というフレーズも少なく、即その場で使うことができる文章ばかりなので、ボキャブラリーの強化に適しています。

 
Saya
本当に「これが言いたかったんだ!」という表現ばかりです

初心者から中級者まで使うことができる良書と言えるでしょう。

マナーとフレーズの両方を学ぶことができる、まさにビジネス英語の教科書

外資系1年目のための英語の教科書

ビジネスで英語が必要な方に向けた、丁寧かつスマートな英語表現、そしてマナーを両方学ぶことができる良書

英語には敬語がない、とは言うものの、直接的な表現やカジュアルすぎる表現はやはり避けられがち。

そう言ったビジネスの場に適した表現や単語のニュアンスを学ぶことができます。

また、フレーズだけでなく、立ち居振る舞いにおける実践的なチップスも掲載されているので、もしビジネスで外国人と英語で話す際のお守りがわりに使うことができるでしょう。

まとめ-英語の挨拶は積極的に!-

どの言語でもそうですが、挨拶は円滑なコミュニケーションのためにもとても重要です。

挨拶がうまく行けば、その後もスムーズなコミュニケーションが取りやすくなるはず。

英語にはたくさんの挨拶の表現がありますが、フレーズを丸暗記して口に出して練習しましょう。

さらにたくさんの表現を覚えたい方向けの英語フレーズの本を参考にして学習していきましょう!