やっても意味なし!?具体的な方法紹介|初級者向けシャドーイングの効果的なやり方解説

巷で話題のシャドーイング。

  • やってみたはいいけど、ついていけない!
  • 効果ないって聞いたけど、実際のところどうなの?
  • つまらなくてやめてしまいたい。

結論、シャドーイングは、英語初心者~中級者には下記の効果が見込めます。

・英語の音のギャップを小さくして、リスニング能力の向上。
・発音やイントネーションなども限りなくネイティブに近くなれる。
・語彙力の強化


ただし、スピーキング能力については、初級者や中級者は、間接的な能力の向上にしかつながりません。

そのため、早くスピーキングができるようになりたい!という方は、下記の記事をお勧めします。

関連記事

※ここのTOEICが指すのはTOEIC Listneing&readingの内容です。 よく巷では、「TOEICの点数は高くても、英語を話せる人が少ない」「TOEICと英会話に必要な学習は違ってくるからTOEIC学習をしても[…]

関連記事

英語学習を進めていくと、ビジネスの商談や電話は何なくこなすことができるのに、プライベートの場になると、途端に地蔵と化してしまう現象によくでくわしますよね。 「なんでこんな簡単なことが言えないんだ・・・まだ勉強不足なのかもしれない」「[…]


この記事では、英語学習初心者~中級者の方向けに、シャドーイングの効果と具体的な実施方法についてお話いたします。

シャドーイングとは

まず、シャドーイングとは、流れてくる音声を聞きながら、そのすぐあとを輪唱のように追いかけて発音するという通訳の方の練習法です。


はい、そうです。
通訳の方の練習方法なのです。

これだけでとてもレベルが高いことが伺えますよね。

だから、できなくても大丈夫。安心してください。

しかし、繰り返せば、必ずできるようになります。

英語はリズムの言語とも言われており、発音もそうですが、リズムやイントネーションが悪いととても伝わりにくいですし、リスニングにも影響が出てきます。

シャドーイングは、聞いてすぐに発音するので、即座に自身の発音が音声とは異なることを認識しやすく、英語の発音や話し方のコツが自然と身につきます

シャドーイングの具体的な効果

英語の音のギャップを小さくして、リスニング能力の向上。

音素の違いとあらゆる音の変化から「自分か想定している英語の音」と「現実にネイティブが話している音」に大きなギャップが生じてしまい、音が意味とつながらず、ただの雑音になってしまっているんですね。

このギャップを埋めることが英語学習の特にリスニング能力の向上に重要なのです。

シャドーイングでは、ネイティブの音声を活用し、自身の発音とネイティブの発音を比べながら実施することが求められます。

そのため、ネイティブが発する音と、自身が認識している音が異なることに気づくことができるはずです。


例えば、下記の文章

I’ve had a headache.


最初の「I’ve had a」はどのような音になるか予想できますか?

/ əvədə / (ァヴァダ)


めちゃくちゃ省略されて、くっついてますね。

この省略や音の変化を注意深く真似して、理解することで、音のギャップに気づき、リスニングがしやすくなってくるのです。

発音やイントネーションなども限りなくネイティブに近くなれる。

先ほども述べましたが、「自分か想定している英語の音」と「現実にネイティブが話している音」に大きなギャップがあります。


繰り返しますが、英語はリズムの言語。

日本語との違いはその部分が大きいので、そのリズムを習得することで、「いかにもネイティブっぽい」英語にすることができます。

まあ、参考にする音声がネイティブの音声なので、その真似をしていれば、おのずとその音声に近づくのはわかりますよね。

そして、「相手に伝わる英語のリズム」が身につき、間接的にですがスピーキング力の向上に繋がります

せっかく正確な英語を話していても、イントネーションや発音が悪いと、伝わるものも伝わりにくくなります。

シャドーイングは、伝わる英語になるために役立つ訓練になります。

語彙力の強化

これもいわずもがな。

ネイティブの音声をそっくりそのまま真似をするため、その音声の中で話されている語彙を身につけることができます。

しかも、英単語帳で学ぶように単なる「知識」として覚えるのではなく、「どのように文章の中で用いられているか」「どのような発音か」「どういった場面で使われるのか」といった生きた語彙として学ぶことができます

スピーキングで重要なのは、「語彙を適切に使う力」。

ただ知っているだけではうまく使うことができません。


この点でも、シャドーイングは間接的にではありますが、スピーキング能力の向上の役に立つことができます。

 
Saya
シャドーイングはリスニング能力はもちろん、スピーキング能力向上にも効果があります!

シャドーイングの効果的なやり方

シャドーイングのやり方①発音記号、リダクション、リンキングを理解する。

英語の発音は日本語とは違い、母音の数も多く、特有の音の変化をします。

理由は、先ほども書いたように英語はリズムの言語なので、これらの変化は言葉を「リズムに乗せるため」に起こります。

この日本語との違いが、英語の基礎力がある方でも、ネイティブのスピードが聞けない原因になっているのです。

理論的にわかっていても、実際に体験するとその違いに驚くはず。

そのため、そのギャップをできる限り埋めた状態からスタートすることが重要です


まずは、下準備として

  1. 英語の音素の発音を理解する。
  2. リダクションやリンキングを理解する。
  3. 強弱を理解する。
  4. イントネーションを理解する。

以上の手順が必要になってきます。


ちなみに①は発音記号ごとの発音の理解、②~④は実際に文章になったときにどのように聞こえるかを知ることになります。

音声付きの発音テキストやYoutubeを活用して、集中的に学習すれば1ヶ月くらいでマスターできるので、ぜひ頑張ってみてください。

シャドーイングのやり方②ネイティブ音声、だけどまずは2-3文くらいの短い文章から

次に、ネイティブの音声を使っていくのですが、いきなりTED talkやドラマなどの長いものに取り組んではいけません。

最初はスクリプトがある、2-3文程度の短い文章に取り組みましょう。

というのも、シャドウイングはネイティブが読み上げる爆速の音声について発音しなければいけません。

しかし、長い文章だと巻き返しを図る間もなく、音声が流れていってしまいます。

なんとなく発音できている気がするかもしれませんが、自分自身の声を録音してみると「ふにゃふにゃ」くらいしか発音されていないことも少なくはありません。

シャドーイングの上達を阻むのは、この「なんとなく発音できている気がする・・・」という気持ち。


徹底的に真似ができるよう、かつ巻き返しができるよう、最初のうちは短い音声でシャドーイングを行い、慣れてきたら長文に取り組みましょう。

シャドーイングのやり方③文章構造の把握(精読)と音の確認

2-3文くらいの文章を用意したら、まずは精読をして、文章の構造を理解し、音のつながりなどの要素を確認しておきましょう。


文章の構造を理解できない方は、文法からやり直してくださいね。

関連記事

これから英会話を取得する社会人の初心者の方は、一体何から手をつけていけば良いか悩んでいませんか? 私も初期の学習時は、何をどのくらいやればいいのかわからず、結局非常に遠回りをしていました。 英語習得の効率は、勉強を始める順番に[…]


さて、ある程度、音のつながりや変化などが確認できたら、一度その文章の音声を聞いてみてください。

確認した箇所はあっていたでしょうか。

もし、間違ったとしても、カタカナで書き込みはなるべくしないようにしてください

カタカナでと英語の音声は、微妙に音が違うので、真の意味で真似ができるようにはなりません。

聞こえた音のまま真似をするようにしてください。


最初は流れていく音声を聞きながら発音するのは難しいので、
オーバーラッピングで音のタイミングを合わせるように音読

言えない箇所を集中的に音読し、口に落ち着けます。

そうしながら音に徐々に慣れてきたと思ったら、最後にシャドーイング。

おおよそ20回くらいは口に出していきましょう。

シャドーイングのやり方④自身の声を録音して、音声の違いを分析する。

さて、最後に、重要なステップです。

実際にシャドーイングをした自身の声を、元の音声入りで録音してください。

そうすると、あとで聞いた際に「あれ、意外と違う音がする」ということに気づくはず。


シャドーイング中は、こなすことで精一杯になっているので、自身のミスに気が付きにい状態です。

そのため、録音をスクリプトを読みながら聞いてみると、第三者の視点で聞くことができるので、自身で修正しなければいけない箇所に気づくことができるのです。

見本と異なる場所箇所を集中的に何度も繰り返して発音&録音、聞く、修正を繰り返し、直ったと思ったら次の箇所の修正に取り組んでください。

まとめ

シャドーイングのやり方について理解できましたでしょうか。

シャドーイングは通訳の方の訓練であり、初心者~中級者にはとても難しい学習方法です。

しかし、シャドーイングを続けていくことで、数多くの音のサンプルを収集することができ、ネイティブの音が理解しやすくなります。

まずは、発音の知識を学習し、短い文章から行うようにしましょう。

徹底的に音を自らの体に叩き込むようにすれば完璧です!

ぜひ、あきらめず、取り組んでみてください。