【社会人の英語学習】ビジネス英語の勉強方法

海外での取引や商談だけでなく、英語は日常でも出会う機会が多くなってきています。

私はインバウンド専門の旅行会社だったこともあり、外国人観光客だけでなく、海外からのビジネスマンの方も年々増えていることを肌で感じております。

そんな中、なかなか英語でコミュニケーションが取ることができず、ビジネス英語の効率的な勉強方法を探している方も多いはず。

今回は、独学でビジネス英語を習得した私の勉強方法を振り返り、ビジネス英語を学習する方法を紹介いたします。

仕事で英語を使いたい人はビジネス英語を優先的に学ぶ

日常英会話は幅が広すぎる&ビジネスでは使わない表現がある

日常英会話は文字通り、日常で使う表現を学ぶものです。

もちろん、日常英会話にはビジネスでは使わない表現もたくさん存在しています

「彼は朝起きてから数学の勉強をしている」なんて、ビジネスでは使わないですよね?

少なくとも私は使ったことがありません。

おそらく、電話の表現、メールの表現、会議の時に使う表現、プレゼンテーションの表現さえ学ぶことができれば、最低限の仕事をこなすことが可能なはず。

(同僚との会話が必要であれば日常英会話は必要ですが・・・・・・)

これらはある程度決まった表現があるので、それさえ覚えてしまえばOK。

もし、オンライン英会話などでコースの選択がある場合は、迷わずビジネス英会話を選びましょう。

具体的な使用場所のフレーズを覚える

お仕事で英語が必要な方は、その使う場面が具体的にイメージできますよね。

例えば電話のやりとりやミーティング、メールやプレゼンなどなど・・・

上記の場面で使っている日本語を書き出してみると、意外と使われている決まり文句も多いはず。

そのため、ある程度フレーズを覚えたら、あとは実際に使う場面を想像して、頭の中でバリエーションも作り出すことも可能

お仕事によっては専門用語を使うこともあるかと思いますが、その表現も英語が得意な人に教えてもらったり、専門の辞書や資料などを読んでゆっくり覚えていきましょう

また、似たような場面がある映画やドラマなどからも学ぶこともできます

これらの覚えたフレーズやバリエーションは、実際に現場で使うこともできるので、定着も早くなります。

ですので、ビジネスで英語を使う機会がある方は、ビジネス英会話から学び始めた方が上達が早いのです。

ビジネス英会話上達の勉強法

TOEIC®L&R TESTの勉強をする

多くの人は少なくとも聞いたことがある、TOEIC。

TOEICの概要は下記のとおり。

英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通の筆記試験。Test of English for International Communication の略。現在、世界約60ヵ国で実施され、年間300万人以上が受験(日本では2004年度に約143万人が受験)。Listening Comprehension(聴き取り。4部m100問。所要時間約45分)とReading(読解。3部、100問。同約75分)からなり、試験結果は10点から990点までのスコアで判定される。日本では、個人のほか、企業・官公庁・学校などで英語能力の測定に用いられている。試験は、米国のEducational Testing Services(ETS)が開発・制作。日本における実施・運営は、財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会が行っている。

引用:コトバンク TOEIC(トーイック)とは? 意味や使い方

TOEICの試験には、日常の表現のほか、ビジネスの場面の様子が採用されており、それを学ぶことで、ある程度のビジネスの表現を覚えることができます

また、最近の企業では、日系の企業でもTOEIC®L&R TESTのスコアを昇進や昇格の要件としているところも多く、勉強するメリットも大いにあります

スコアをあげることで、モチベーションの維持にも役立ち、一石二鳥

さらには、800点以上になれば、表現の軽い文法の校正もできるようになります。

現在はネット上の自動翻訳の技術が非常に向上してきており、文章によってはネイティブでも遜色のない表現で表現することができます。

しかし、そんな自動翻訳も万能ではなく、時々こちらがびっくりするほどの誤翻訳をしてします。

(原因は主に日本語で入力した際に、曖昧な表現を使ったり、主語を明確にしないことによるものらしいです)

その時に、その表現が正しいかどうかを判断できるのが、TOEICで800点以上です。

まずはこのレベルを目指してみましょう。

ちなみに、私が使っている翻訳ソフトは「DeepL」というサービス。

オンラインで手軽に調べられるほか、翻訳の精度が非常に高く、PDFの書類やワード、エクセルをファイルごと翻訳できるのが特徴です。

※万が一の漏洩防止のために機密文書の翻訳は避けましょう。

さまざまな国の発音や表現に慣れる

ご存じの通り、英語は世界の公用語です。

グローバル化の進展に伴い、ノンネイティブスピーカー同士で英語で会話をする場面が増えています。

その国の公用語の発音に似たイントネーションで英語を話すので、ネイティブとは違ったイントネーションに出くわすでしょう

また、英語のネイティブであっても、国や地域によって表現や発音、イントネーションも非常に異なります

例えば代表的なのは、イギリス英語とアメリカ英語の2大勢力。

「Water」の発音一つとっても異なり、お互いに全く通じないということもザラ。

さらに、スペルが違ったり、表現も異なることもあります。

表現の違いの例

1階→(英)Grand floor(2階がFirst floor) (米)First floor

映画館→(英)cinema, theatre (米)First floor

また、シンガポールは東南アジアの英語公用語圏ですが、「シングリッシュ」と呼ばれるほど独特な表現が使われています。

元々色々なアジアの国の言葉の影響を受けていた地域であったため、その時の表現が残っているとのこと。

単語の終わりの子音がなくなったり、三単現のsがなくなったり、文末に「meh(マ)」をつけて疑問を表現する、など知識がなければ、非常に聞き取りにくいものばかり。

私の同僚にはシンガポール在住経験がある方が多かったこともあり、シンガポール英語(日本人イントネーションver)が話されていましたが、その独特な表現に戸惑った記憶もあります。

実際に、お客様と接していても、上記の国の表現だけでなく、本当にたくさんの発音やイントネーションや表現に出会いました。

逆にいえば、私たちにとってもネイティブばりの発音は求められないということなんですよね。

みなさんも、いろいろな国の人が話す英語の発音や表現の傾向を知り、たくさんの人と話すことができることを目指しましょう。

オンライン英会話などでロールプレイをする

何度かお話したように、英語を使う場面はある程度具体的に想像ができるかと思います。

そのため、事前にスクリプトを用意して、オンライン英会話の先生と一緒にロールプレイをすることがおすすめです。

それに加え、たいていのオンラインスクールの教材にもロールプレイができるものが豊富に用意されています。

例えば、オンライン英会話の大手DMM英会話では教材が公表されていて、基礎としては下記の内容が用意されています。

・自己紹介
・謝罪
・さらに指示を求める
・依頼する
・仕事の電話
・就職の面接
・ディスカッション
・会議
・プレゼンテーション
・Eメール
参照:DMM英会話 教材「ビジネス」


先生が発する生の相手の反応を得ながら、練習をしていきましょう。

また、英語を教えることを専門にしている先生と一緒にロールプレイをすることで、自身の発音の癖やフレーズの正しさなどを指摘してもらうことも可能です。

たくさんのアウトプットを繰り返し、自身のビジネス英会話における表現を洗練させていきましょう。

関連記事>>【オンライン英会話】社会人の英会話勉強方法



まとめ

ビジネス英会話を学ぶ必要がある方は年々増えていると思いますが、どう勉強して良いかわからない方も多いかと思います。

実際に使われている場面がイメージしやすいからこそ、習得・定着が早いのもビジネス英会話の特徴です。

特有の表現のインプットとアウトプットを繰り返して、自分の表現にしてしまいましょう。

しかし、無理をしてはいけないのも事実。

少しやさしいと思うくらいのレベルから取り組んで、英会話の勉強への苦手意識を持たずに、学習を続けて行くのが重要です。

みなさんも、ビジネス英会話を学び、キャリアアップやグローバルな視点の獲得に励んでください!