【オンライン英会話】社会人の英会話勉強方法

社会人になり、英語が必要になるとまず考える学習方法は、英会話ではないでしょうか。

私もオンライン英会話から英会話学習をはじめました。

安くて、いつでも好きな時間に受講できるオンライン英会話は、忙しい社会人にとってとても効果のありそうな学習方法ですよね。

しかし、いざオンライン英語を始めると、

「先生が言っていることがわからない」
「いまいち効果がわかならない」

というような悩みを抱えている方も多く、継続ができていない方もいるのではないでしょうか。

今回の記事ではその課題について解説いたします。

英語学習の効率的なステップを学びたい方は下記の記事へ↓

オンライン英会話の料金設定と講師のレベル

まずは、オンライン英会話の概要のご説明から。

たくさんのオンライン英会話を運営している会社がありますが、内容と料金に関しては大きな違いはありません

大手だと、おおよそ1ヶ月で毎日コースは7000円(税込)程度。
ネイティブプランや日本人の講師が付くコースだと、1ヶ月で〜15,000円(税込)の料金が多いです。

講師は、基本的に東南アジア(特にフィリピン)の先生が多く、アメリカやカナダ、イギリスなどのネイティブや日本人講師も選択が可能なこともあります。

私が以前お世話になっていたネイティブキャンプでは、フィリピンの先生が基本で、ジョージアなどの英語を話すことができる国の先生、そしてもちろんネイティブや日本人の講師も選択が可能でした(ただし、ネイティブや日本人の先生は人数が少なく、人気も非常にあるため、なかなか予約が取りにくいです)。

しかし、フィリピンの方は、歴史的背景から英語が公用語になっているため、小学校の教育から英語で実施されています。

実際に、私のフィリピンのお客さまの中には、アメリカの企業のコールセンターを請け負っていたり、アメリカ人向けのサービスを提供している会社経営者の方も多く、英語が堪能な方ばかり

しかも、とてもお話好きの方が多く、陽気な性格なので、話していてとても元気になれます

また、彼ら・彼女らも、私たち同様英語が第二言語であるため、英語を話せない人の気持ちもよくわかってもらえるので、学習者にとってはとてもありがたい存在です。

オンライン英会話を活用するメリット

さて、オンライン英会話の概要をお話したところで、次はオンライン英会話を活用するメリットをお話いたします。

英語でのコミュニケーション方法を学ぶことができる

独り言や瞬間英作文などの一人で行う勉強方法だけでも、スピーキング能力についてはある程度伸ばすことができます。

しかし、やはり予想外の質問や会話に対して瞬間的に答える力や、逆に相手の話を聞いて質問をする力は対人でしか養われません

英語は使ってなんぼ。そして、会話というからには相手の話を聞いてなんぼ。

最初、私が英会話を行なっていて苦戦したのが「あいづち」。

英語の会話では日本ほどあいづちは必要とされませんが、ただ、「同意」や「質問がない旨を伝える」などの簡単な反応が全くできないことが非常にストレスでした。

さらに、相手に逆に質問をしたり、話している内容を深掘りすることができず、「会話のキャッチボール」ができませんでした。

海外の人とのコミュニケーションの中で、スピーキングの能力を伸ばして行きましょう。

スピーキングを学習する上でのマインドセットを学ぶことができる

英語学習者にとって間違えずに英語を話すことは難しいことです。

しかし、多くの日本人の英語学習は減点方式での学習ばかりで、「間違えることは恥ずかしいこと・ダメなこと」というマインドが知らずのうちに身についてしまっています。

そのマインドをゆるめるのに役立つのがオンライン英会話です。

先生方は色々なレベルの生徒を見てきた方ばかりであり、また自身も第二言語で英語を学んだ経験がある方がほとんど。根気強く話を聞いてくれ、丁寧に間違いを正してくれます。

また、会話中のつまづきは、次回の学習の糧になり、結果として多くの学びを得ることにつながるのです。

色々な人と話すことができるのが単純に楽しい

日本にいると、日本人ばかりに囲まれていることが当たり前で、ある程度の共通認識の中で生活している状態です。

ですが、海外の方とお話をすると、常識や価値観が根底から違うことに驚かされます

例えば、アメリカは州ごとで全く違う文化や教育、法律があります(もちろん共通のものもありますが)。

そのため、一口にアメリカ人と言っても色々な考え方があり、いろんな文化を持っています。

(噂に聞いた程度ですが、ダーウィンの進化論を否定して、「人間は神から作られた存在」と教える州もあるのだとか。あくまでも噂レベルです)

そのほかにも、国ごとに時間に対する考え方の違いや、お金の価値、人生観なども全く異なりますので、とても興味深いものばかりです。

また、逆に日本の素晴らしさも感じることができ、双方にとっても素晴らしい学習の時間になることでしょう。

自身の話したいことを学ぶことも重要ですが、それ以上に他の文化の人々の価値観を知ることも英語学習の醍醐味なのです。

それを手軽に、どこからでも受けることができるというのも、オンライン英会話のメリットになります。

オンライン英会話ので最大限英会話を上達させる勉強法

せっかく貴重なお金も時間も使ってオンライン英会話をやるからには、効率的な学習をしていきたいですよね。

どのように取り組めば良いか、下記から確認してみてください。

英会話は学習の最後の仕上げとして考える

いきなりですが、英会話学習は基本的な文法や単語、ある程度のリスニング力強化をし、表現方法を学んだ上で取り組む最終の仕上げの勉強法です。

いうなれば、野球のルールを知り、道具の使い方(バットの振り方やグローブの使い方)を知り、素振りや投げ込みをして基本的な技術を身につけた上で、やっと練習試合に臨むというイメージです。

いきなり何の準備もなしに英会話に臨むと、、、ご想像の通りです。

確かにアウトプットは大事で、アウトプットから得られることはとても多く、そして大事なものです。

ですが、それ以上に自分の中にアウトプットできるほどの英語の語彙はありますか?

ただ、黙って先生のお話を聞いているだけでは、本やテキストを読んでいるだけの状態と同じで、全くアウトプット学習にはなりません。

最低限、基本的な文法や語彙はストックしておき、できるならば話したいことの作文をしておく、または単語集を作っておくなどの事前準備をしておきましょう

あわせて読みたい>>【初心者向け】オンライン英会話を効率的に活用する具体的な方法

話の主導権は握っておく

英会話はアウトプットの練習です。ですので、学習のメインは自分の発話を増やすこと。

そして、自分が準備した表現が通じるか?あっているか?を試す場です。

そのためには、会話の主導権(会話のネタの提供)はずっとこちらで握っておいてください。

私が、とりあえずオンライン英会話を始めた頃、先生に質問をしてもらっていたことがありました(先生も何とかして私たちに話してもらいたいんです)。


しかし、その質問も毎回「今日は何をしていたの?」とか「週末どうだった?」という話の繰り返し。そしてこちらも社畜だったため、毎回「仕事で忙しかったんだよね」とか「出張だったよ」という話しかできませんでした。
そして、「家でご飯食べるのと、外食するのではどっちが好き?」とか「もし魔法が使えたら何がしたい?」なんて聞かれても、日本語でも困る(というか、とまどう)質問ですよね。

そんなんじゃあ、語彙力やスピーキング能力、さらには自分が話したいことを話せるようにはならないことはお分かりいただけるかと思います笑

なので、自分から積極的に話題を提供していき、会話を自分の話したい方向に持っていきましょう


もし、最初から自分で話題提供や考えを述べるのが難しいという方は、先生のインタビューをしてみても良いかもしれません。

例えば、その時の気持ちを聞いたり、具体的な詳細を聞いてみたり、その回答に対して「それってこういうこと?」と自分の言葉で言い換えたりしてみたりなどがおすすめです。

実際に海外の方とお話すると、私がサービスを提供する側ということもありますが、お客さまのお話を聞いて、お話を引き出すことができる方が話がスムーズに進みます。

そして、結構お話好きな方も多いので、話を聞いてくれるだけでなく、自身の考えを述べることができる人が求められる傾向にあります。

そのほかにも、会話を主体的に進めることで、事前に用意した語彙や単語を使うこともでき、ボキャブラリーの強化にも役立ちます。

毎日ダラダラと何となく同じ会話をしている自覚がある方は、まずは主体的に会話を進めるという癖をつけてみてください。

本当にオンラインの初心者の場合は>>【初心者向け】オンライン英会話を効率的に活用する具体的な方法

実際のシチュエーションを想定して、寸劇をやってもらう

これは私が実際にお願いしていたもので、いわば独り言練習の対人版

例えば、電話の受け答えの練習や商談会の練習をしたい時に、先生に授業がはじまった直後にやってみたい状況を伝え、寸劇を一緒にやってもらう方法です。

電話の練習は結構簡単で、題材はその日に自分宛にかかってきた電話の内容でOK(機密事項は除く)。

事前に電話の内容に対し、あらゆる回答や対応パターンを英語で準備しておき、実際に先生とやりとりしてみます。そうすると、自分の実生活に使える英語を身につけることができますよね。

また、同じような要領で、日本の商談会の時に話すことや、自己紹介の内容を考えておき、先生と一緒に練習をしてみます。

時折思わぬ方向に話がいくこともありますが、それもテキストなどで先生に助けを求めたり、WEB辞書で語句を調べたりしながらお話していくことで、結果的にボキャブラリーの爆上がりに貢献しました。

演劇の経験は全くなく、最初は正直めちゃくちゃ恥ずかしかったのですが、とても効果のある方法だと思います。

まとめ

オンライン英会話は、安価で、いつでも予約できて、そして手軽に海外の方とお話できる最強のサービスです。

そんな素晴らしいサービスも、効果を倍増させることも、半減することもまさに自分の使い方次第。

積極的に活用していき、英会話力を伸ばしましょう。